Entries

バイク遍歴振り返り その1

バイク遍歴振り返り その1

今回の記事は、今年で免許取得20年になった筆者が自身のバイク遍歴について振り返るという超自己満記事です。
何でこんな記事書くのか?って言われれば暇だしオートバイネタが無いからです。

という訳で、始まり始まり。

①バイクとの出会い

私の父は若い頃からオートバイ乗りで、それこそ父親のバイク遍歴の方が私よりも全然凄いんですが(笑)、バイクとの出会いも父の影響です。
自身で覚えている父のバイクはまっ黄色のタンクのSR500とリード90。
SR500

SR500は記憶にある限り動いているのを見たことは無く、それこそ私が小学生位までは不動状態のままマンションの駐車場に置いてありました(結局、欲しいという人にタダで譲っていた記憶があります)。

6.jpg


その後、近所の足としてリード90を購入し、それは何回か後に乗せてもらった記憶があります。
このリード90は盗難にあってしまい、それが父が自分で買った最後のオートバイになりそうです。

そんな環境だったのも有り、中学生の頃からバイクに乗りたくて乗りたくて仕方が無い少年でした。

オートバイのカタログ本や絶版車まとめ本を買っては読み込む日々。
その時は、何となくGB250クラブマンに乗りたいなぁとか思ってたなぁ(今もそうですが、やっぱり私はこういった古典的なスタイルのバイクが好きです)

GB250クラブマン

②初バイク NS50F

16歳の誕生日に学校をサボって原付免許を取得。(次の日には中型免許の申し込みに行きました)。

すぐにファーストバイクとして原付ミッションを買いに行くために、父親に付き合ってもらい上野のバイク街へ。
確か予算は10万円位だったと思うんですが、自分の意思とはほぼ無関係に父親がロスマンズカラーのNS50Fを選んでいた記憶があります(フロントカウルは外されてネイキッドになっていた)。

NS50F

そして、引取りも流石に初心者が上野から目黒まで自走は難しいだろうと言うことで、父親にしてもらうことに。
納車日に目黒の実家でバイクを「今か今か」と待っていた私に、バイクを降りた父親が満面の笑みで一言。

「このバイク、全然スピードは出ないけど音は気持ち良いなぁ。やっぱり小排気量2stは良いなぁ」

思えば、これが父親が最後にバイクに乗った時かもしれません。一生忘れられない笑顔でした。

そして、晴れて私の物になったNS50Fですが、一番覚えているのは納車日の翌日か翌々日。
珍しく東京に雪が降ったんです。

それでもどうしてもバイクに乗りたかった私はバイクを乗りに。
この日だけでフロントの握り転倒を3回くらいしてほうほうの体で帰ってきました(笑)

でも、父親も言ってた様に竹を割ったように「パイーン」って回る小排気量2stは今思い出しても気持ち良いです。

結局2ヶ月くらい乗って次のバイクの下取りになりました。

②初中型バイク SDR

NS50Fで2stの楽しさに完全にハマってしまった私はGB250クラブマンなんてそっちのけ。
廻りのバイク友達はゼファーとかインパルスとかの4発ネイキッドバイクを買う中で、NS50FのEGをそのまま大きくしたようなSDRを買います。

SDR

っていうかSDR自体が超マニアックバイクなんで、軽く説明しておこう。
引用元→無縁単車基地群(若干修正&加筆させて頂きました)

水冷2st195cc単気筒
最大出力34馬力/9000rpm
乾燥重量105kg

日本車にしては珍しいトラスフレームは美しいメッキ処理され、2stながら低速から粘るオフロードバイクDT200RのEGを搭載。
重量もオフ車並みに削られています。
面白いのはオプション設定すらないタンデムシート。このバイクは2ケツお断りなのです。

車重の軽さとパンチのあるエンジンを武器に走り回れる、ジャンルとしてはライトウェイトシングルスポーツとでも言いましょうか。
しかし、登場したのがレプリカブーム真っ盛りだった故にそのスペックでは見向きもされず、わずか2年程度で生産を終えました。

サイドビューのセクシーさもさながら、このバイクがそのスタイルで特筆すべき点はトップビュー&フロントビューにあります。


TheTRXproject_SDR200_05.jpg

sdr200view.jpg

信じられないくらい細い。
タイヤだって今風の前後17インチではあるものの、F90/80-17、R110/80-17という旧車並の細さ。

タンク容量だって9Lしかありません。
2stでそれって航続距離大丈夫なのかと思いますが、オフ系2stエンジンは比較的低回転が強いため燃費はさほど酷くはありません。

今様のバイクに跨る人間からするとこの細さは貧相だなんだと言われそうなところですが、SDRに関しては細いからこそ美しいものだと私は考えます。

確かに太いタイヤは車体に迫力をだし安定感にも寄与しますが、250クラスのスポーツなんてやっぱ細くてナンボじゃあないかと思います。

元々たいしたパワーは望めない小排気量エンジン。
なら車体を重量も操作感もひたすらに軽くして、軽さで走って楽しめるバイクにするのが本筋じゃあないかと。

確かに多少・・・いや、だいぶ利便性は捨ててますが、利便性求めるならスクーターでも買うが良し。
走って楽しめてしかも格好良いんだからSDRは文句無しです。


ほとんど同じ感想です。個人的にはサイドビューではフレームも兼ねているエアクリーナーボックスが好きでした。
まぁ一言で言えば売れなかった奇抜バイクですね(笑)

エンジンはYPVSの影響も大きく、本当に2stっぽくないエンジンでした。

このバイクの一番の思い出は事故。
このバイクだけでまぁまぁ大きい事故を2回しました(今思うと生きてて良かったなぁって思います)。

それ以外にも若洲(昔の東京の走り屋の聖地)に行ったりしたのも思い出深いですねぇ

という訳で、長文になってしまったので、次回に続きます。


            

プレマシーのサイズ感

プレマシーのサイズ感

サンバーでも同じような記事を書いてましたが、プレマシーでもサイズ感が気になる瞬間があったので記事にしておきます。

とある日に、MPVとアルファードに挟まれました。
これまたプレマシーが若干奥にいるため、遠近感もあると思いますが、両車に比べると一回り以上小さいですね。

車両サイズは下記↓

プレマシー 全長×全幅×全高 : 4555×1745×1615mm
MPV 全長×全幅×全高 : 4870×1850×1685mm
アルファード 全長×全幅×全高 : 4885×1840×1900mm

こうやって比較するとMPVとアルファードは全高以外はほとんど同サイズ。
プレマシーに比較して30cm長くて10cm幅広な感じです。

でも、こうやって並べて見ると全然違うのでビックリしました。


前の頁 目次 次の頁


            

ネオンテトラ20匹追加

ガレージアクアリウム ネオンテトラ20匹投入

●ネオンテトラ20匹追加

パイロットフィッシュで入れたネオンテトラ5匹が無事1週間生き延びたので、ネオンテトラを20匹追加しました。

流石に25匹居ると、それなりに壮観ですね。
ただ、ウチのテトラは基本的に下層に溜まっていることが多く、餌やりの時以外は中層や上層を泳ぐ姿は余り見せてくれません。

あと、1匹だけ変な格好(常に斜め上を向いてピョコピョコしてる感じ)でしか泳げないテトラ君がいて、餌取りも上手く出来ていなさそうなので心配です。

追加で入れようと思っているハチェットとコリドラスですが、近所のホームセンターではコリドラス(確か白コリと青コリ)はいるんですが、ハチェットはいなさそうなので、そろそろ別の熱帯魚屋さんも探さないと。

とりあえずはGW明けまでは現状キープで1匹も☆にならずに生き抜いて欲しいです(特にピョコピョコ君は心配・・・)。

●水量について

上部フィルターのせいかエアレーションのせいか気温のせいかは分かりませんが、結構水が蒸発するんだなぁと思いました。
1週間で水が結構少なくなってきたので、ネオンテトラ20匹投入の前に水替えして多めに水を入れておきました。

●水温について

現在はテトラの26度固定ヒーター100Wを使用してるんですが、夜は23度くらいまで温度が下がります。
これからは暖かくなる季節なので良いですが、来年の冬は150Wヒーター等の導入も考えた方が良いかも。

逆に室温が30度を超える時も水槽の温度は26度位で安定している感じです。


前の頁 目次 次の頁


            

サンバーのサイズ感

サンバーのサイズ感

とある場所で、ワゴンRとアルトに挟まれたので思わず写真を取ってしまいました。
若干サンバーの方が奥に止まっているため、小さく感じますが基本的に全長と全幅は軽規格のため同一です。

サンバー 全長×全幅×全高 : 3395×1475×1900mm
ワゴンR 全長×全幅×全高 : 3395×1475×1640mm
アルト 全長×全幅×全高 : 3395×1475×1475mm

こうやって比べるとサンバーの全高が高いのが良く分かりますね。

にしても、やっぱりクラシックのデザインは可愛いなぁ


前の頁 目次 次の頁


            

お花見散歩とSDR

トリッカー お花見散歩

トリッカーで近所をお花見散歩してきました。
静岡西部では今が満開。今週末は花見日和ですね。

そういえば、トリッカーに乗っていて、このバイクって中免を取って初めて乗ったSDRに似てる気がするなぁとか思いました。

ギリギリまでコンパクト/スリムを狙ったところとか、下手すれば原付バイクに間違えられるところとか(笑)
あとはシート高が低いところとか、前に前にずり下がっていくシート形状も似てるかも。

SDR

オンロードとオンオフとジャンルは違えど、どちらもライトウェイトスポーツ。
やっぱり自分は軽くて小さいバイクが好きなんだなぁと再認識しました。

にしても、SDRに乗っていたのは20年前。光陰矢の如しですね・・・


前の頁 目次 次の頁


            

ズゴック投入

ガレージアクアリウム ズゴック投入

ガレージの水槽にズゴックを入れました。
(足裏に100均で売っている丸磁石を両面テープで張って錘にしました)

完全に主役を魚から奪って行ってますが個人的には100点満点。

ポージングイメージは、もちろんジムを瞬殺したあの瞬間です(下記動画参照)。



ネオンテトラとカージナルテトラと一緒に入れる熱帯魚も検討中。

参考にしている書籍「熱帯魚の医・食・住」では上層部を泳ぐハチェットと下層部を泳ぐコリドラスをオススメしているのですが、ウチのネオンテトラ達は餌の時以外は基本下層部にいるので、コリドラスは止めてホワイトミッキーマウスプラティが良いかなぁとか思ってます。

ここら辺は、まずネオンテトラとカージナルテトラを入れての動きを見てから決めるかな。


前の頁 目次 次の頁


            

癒し水景シペルス投入

ガレージアクアリウム 癒し水景シペルス投入

ネットで注文した「癒し水景シペルス」が届いたので、投入しました。
やはり緑があると水槽が映えますね。

あとは、結構な頻度で右側のフィルター下部にネオンテトラが隠れている事が多いので、近所のホームセンターにあった偽岩ドームの投入も考えています。

そして、もう一つの投入予定アイテムは・・・

ズゴック

当初から言っていたズゴックを買いました(Amazonで700円くらい!安い!!)
ただ、これだけだと浮いてしまいそうなので、足に錘をつけるかなんかしないとな。

とりあえず組み立てます。


前の頁 目次 次の頁


            

パイロットフィッシュ投入

ガレージアクアリウム

パイロットフィッシュとしてネオンテトラを5匹投入しました(ちゃんと温度合わせ、水合わせをしました)。
最初は左端の隅っこで全然動かなかったのですが、徐々に水槽内を動くようになってくれ、餌も食べてくれました。

IMG-0349.jpg

そして、余りに水槽内が余りに殺風景なので、ジェックスの「癒し水景 アクアキャンバス シペルス」をネットで注文(送料込みで1500円位)。
81DCa3I2VaL__SL1500_.jpg
これを左側に置いて少しでも殺風景じゃ無くなることを望みます。
次は、1週間後位にネオンテトラかカージナルテトラを20匹追加しようと思ってます。


前の頁 目次 次の頁


            

水槽の立上げ

水槽の立上げ

Amazonから水槽などの熱帯魚用品が届いたので、水槽を立ち上げました。
と言っても、今回は水草などは入れていないので、底床として大磯石を6kg敷き詰めたくらいです。

作業手順を一応書いておくと下記。

①水槽を洗う
②水槽にバックスクリーンを貼る(今回は黒にしました)
③大磯石を洗う
④底に大磯石を敷き詰める
⑤ヒーター、エアレーション、フィルター、ライトなどをセットアップする
⑥水質調整剤を入れた水を水槽に入れる

殺風景な水槽

やっぱり水草とか何も無いと殺風景ですね。
あと、大磯石は思ったより明るい色調だったので、もっと黒い底床にすれば良かったかなぁと後悔中。

でも、ブクブクしてるエアレーションの音を聞きながら、泡が揺らめく水槽を眺めているだけで若干癒されます。
明日、パイロットフィッシュとしてネオンテトラを買ってきて投入予定です。


前の頁 目次 次の頁


            

自賠責保険の引継ぎ

トリッカー 自賠責保険の引継ぎ

前記事でも言っていたように、年度が変わる前に(税金が掛かる前に)YZ250FXを廃車にしてきました。
で、YZ250FXに掛かっていた自賠責保険をトリッカーに移動しました。

手続き自体は超簡単です。

保険会社の事務所に、旧バイクの廃車証と自賠責保険証と新バイクの登録証明書を持って行くだけ。
手続き自体も15分くらいで終わりました。

とりあえず、これでH33年7月までは自賠責がある=15000円位は節約できたので、現在マイブームのガレージアクアリウムにお金を回そうと思います。

ついでにTYS125FやYZ125が無くなったため不要になったファミリーバイク特約も解約しておきました。
(これは任意保険の話で年間7000円くらい節約)

早く林道ツアーにお出掛けしたいんですが、静岡西部は今週は雨予報。
行けても来週かなぁって感じです。


前の頁 目次 次の頁


            

Appendix

プロフィール

イデシン

下手の横好き、継続は力なり。

ブログ村ランキング

FC2ランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
116位
アクセスランキングを見る>>

ブログリンク

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ モトクロスへ にほんブログ村 バイクブログ オフロードへにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ