Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ideshin.blog.fc2.com/tb.php/474-93a98680

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿 ※Name書いてください

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トリッカーの魅力

トリッカーの魅力

私が初めてトリッカーというバイクを強く認識したのは、自身が初めて行った林道ツーリング。
その頃は、自分の街乗りバイクは持っておらず知り合いのセロー250(写真一番右)を借りて参加しました。

右から2番目のトリッカーには元トライアル国際A級の人が乗っていて、林道の切り返しで足付きターンをしたり、休憩の駐車場でウィリーサークルをしたりしているのが、とても格好良かったのが印象に残っています(もちろん林道でも速かったのは言うまでも無い)。

その後、モトクロスで大怪我をしたことも有りYZ250Fを手放し、リハビリで始めたトラチャリにどはまりし、手元にバイクが無い状態が3年くらい続き、久しぶりにバイクに乗りたいと思った時に、真っ先に浮かんだバイクはトリッカーでした。

しかし、オートバイでのトライアルをやってみたかった自分はTYS125Fを購入(そこら辺は前記事参照)。
また、縁もあってセロー225にも2台乗りました(そこら辺も前記事参照)

セロー225に乗っていた時に、トリッカーとブロンコに乗せて貰う機会があったのですが、その時にトリッカーに乗って直ぐにとてもビックリしました。

「何て軽快なハンドリングなんだ!」

ブロンコも同様にフロント19インチですが、ブロンコのハンドリングはセロー225に比べて余り違いを感じなかったです(タイヤサイズ、ディメンション、車体重心、車重の関係?)。

もちろんトリッカーをベースにして開発されたセロー250にも何度も乗った事がありますが、やはりフロント21インチ特有のおっとりとしたハンドリングという印象。

ハンドリング特性として一番近いと感じたのは前記事でも書いたBMWのF700GS。

という訳で長くなりましたが、自分にとってのトリッカーの一番の魅力は、この軽快なハンドリング。
街乗りでコーナーを曲がる度に気持ち良くなれます(オフロードでは逆にデメリットになる部分も多いですが)。

セローのF21/R18ホイールに換装したセロッカーにも興味はありますが、一番上の写真のトリッカーもハンドルを高くしただけのノーマルホイール、ノーマルタイヤだし、個人的にこのハンドリングは捨てられないなぁと思ってます(とか言いながらいつかやっちゃうかもw)

あ、後はスッキリしたダウンフェンダーや細いタンクなどオフロードバイクっぽく無いスタイリングも結構好き。

----- 備忘録 -----

タイヤサイズ比較。

トリッカー → Frタイヤ:80/100-19、Rrタイヤ:120/90-16
F700GS → Frタイヤ:110/80-19、Rrタイヤ:140/80-17
ブロンコ → Frタイヤ:2.75-19(メトリックにすると幅70)、Rrタイヤ:120/80-18
セロー → Frタイヤ:2.75-21(メトリックにすると幅70)、Rrタイヤ:120/80-18


トリッカーに戻る


            
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ideshin.blog.fc2.com/tb.php/474-93a98680

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿 ※Name書いてください

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

イデシン

下手の横好き、継続は力なり。

ブログ村ランキング

FC2ランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
244位
アクセスランキングを見る>>

ブログリンク

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ モトクロスへ にほんブログ村 バイクブログ オフロードへにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。