Entries

KLX・Dトラッカーの歴史

今回モトクロッサー用に復活させようとしてるKLX250SRの年式が気になり調べてみた.

結果は93年式と判明.
今から12年前のモデルであり,KLX250SRの最初期型である.
初期型は何かとトラブルが多いものだが,KLXも例にも漏れずその初期型の始動性の悪さは酷評されている.
その後の94年のモデルから始動性改善が施されてるらしい.

というわけでKLXの歴史について調べてみた.
内容に間違いがありましたらコメントお願いします.
まずカワサキのオフロードモデルの名前には規則があり,それは下記のようである.

KL:Lは4stトレールの記号
KE:Eは2stトレールの記号
KV:Vはレジャー・牧場用バイクの記号
KT:Tはトライアルの記号
KD:Dは2stデザートバイクの記号
KX:Xはモトクロッサーの記号
KDX:DXは2stエンデューロの記号
KLX:LXは4stエンデューロの記号

KLX250('79)

そしてKLXの最初の登場は1979年(1978年に限定発売はされていたらしい).最初は輸出用であった.
市販モトクロッサーKXと構成パーツを共有する車体にKL250ベースの4サイクル単気筒OHCエンジンを積むエンデューロマシン.
つまり2stエンジンの代わりに高燃費かつトルクフルな4stエンジンを積んだエンデューロスペシャルって感じか?
しかしこの時点では,エンデューロマシンと言ってもライトもテールランプも無い.

KLX250('80)

そして1980年.エンデューロマシンとしてさらに進化を遂げる.
小型のヘッドライト,トリップメーター,テールランプを装備.

乾燥重量:106kg
最高出力:21.3ps/8000rpm
最大トルク:2kgm/6500rpm

そして1981年にも若干改良.

KLX250('81)


乾燥重量:110kg
最高出力:21.5ps/7500rpm
最大トルク:1.34kgm/4000rpm

スペックを見るとパワーのピークやトルクのピークが低回転にふられたことが分かる.車重が若干重くなっているのは,この年にKX250がリニューアルしたためだと思われる.
そしてこの年でKLXは生産中止.わずか3年という短い命であった.
KLXが生産終了になった理由はあくまで憶測だが販売不振と時代の流れだったんだと思う.
時代はRZ(1980年)の登場によって完全な2st時代.
KLのようなデュアルパーパスならまだしも「エンデューロレーサー」として4stは求められていなかったのだろう.

KLX250R

KLX250SR

そして,10年以上の時を経て1993年にKLX250R,KLX250SRとして復活する.
エンジンは完全新設計の水冷DOHC4バルブバランサー付きの4stシングルでエンジン単体重量は31kg!
車体はKDXを流用したものだと思われる.
レーサーのRと公道走行可のSRが販売された.

乾燥重量:109kg
最高出力:30ps/8500rpm
最大トルク:2.7kgm/7500rpm

KLX250ES

そして,翌1994年にKLX250SRをベースに正立フォーク,セル,大型ヘッドライトを装備したKLX250ESが発売.
SRはマイナーチェンジ&塗色の変更のみ.

KLX250('04)

Dトラッカー('02)

そして1998年に車名後尾のSR,ESがとれてKLX250,Dトラッカーとしてリニューアル.
エンジンはESのセル付きエンジンを使用.
Dトラッカーは前後17インチのホイールを履いた日本初のモタードマシンである.
写真は両方俺の好きな色である.(KLXは04のライム,Dトラは02の白)

KLEEN

そして2001年に排ガス規制のKLEENと共にエンジンのデチューン.1ps,0.2kgmの性能低下とともにKLX系エンジンの持ち味だった高回転のパワーを若干失う.

Dトラッカー('04)

そして2004年,Dトラッカーがシュラウド,リアフェンダーのデザインの変更.
最近のモトクロッサーやモタードっぽい外装になる.
Dトラッカーはリアのリム幅が3.5インチから4.0インチにアップ!
これによって純正で150幅のタイヤ装着をも可能にする.
04の白は個人的にシンプルですごい好み.

KLX250('06)

そして翌年の2005年.KLXもDトラッカーと同じタイプのシュラウドに変更.
しかしリアフェンダーは従来のまま.いったいカワサキは何を考えているのでしょう?
個人的にはKLXは300Rのイメージが強いので今までの外装の方が好みかな.


そして,KLX・Dトラはこれからも進化を続けていく・・・はず


目次


            
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ideshin.blog.fc2.com/tb.php/38-a296a5a3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿 ※Name書いてください

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

イデシン

下手の横好き、継続は力なり。ideshin@gmail.com