Latest Entries

フロントフォーク組立

トリッカー フロントフォーク組立

純正部品が入荷したので、フロントフォークを組立しました。
詳細はサービスマニュアル参照ってことで、簡単な作業手順は下記。

①インナーチューブにシリンダコンプリート、スプリング、カラー、スピンドルテーパ(オイルロックピース)、スライドメタル、ワッシャを取り付ける(下写真参照)

IMG-0166.jpg

②上記インナーチューブASSY.をアウターチューブに差し込んで、下のボルトを仮止め
③オイルシール、クリップ、ダストシールを取り付け
④一度スプリング、カラー、スペーサ、トップキャップを取り付けて、下のボルトを本締め
⑤サスペンションオイルG-15を292ml入れる
⑥エア抜きのためにインナーチューブを上下に10回ほど抜き差しする
⑦スプリング、カラー、スペーサ、トップキャップを取り付ける

テストで何回かストロークさせてオイル漏れが無いことを確認して作業完了。
次はフロントブレーキの廻りの交換です。


前の頁 目次 次の頁


            

ガレージ熱帯魚プロジェクト

ガレージ熱帯魚プロジェクト
※上写真はAM2様よりお借りしました。

ガレージの棚にちょうど60cm水槽が入るスペースが空いていて、こんな感じのアクアリウムが欲しいなぁと思ってたりします。

きっかけは嫁の妹家で熱帯魚を飼っているのを見て「キレイだなぁ。俺のガレージにもこんな癒しを導入したいなぁ」って感じです。

そういうのを調べるのは元々嫌いでは無いので、図書館に言って何冊か専門書を借りてきたんですが、以外にハードルは高そうです。

ハードル① : こまめなメンテナンス

専門書を読むと1週間に一度水替えをすべきとか結構細かなメンテナンスが必要とされそうです。
家の芝さえまともに手入れできない自分がそんな事出来るのか不安ですが、そこは何と言ってもガレージ。
ガレージのためなら・・・出来るのか?

正直これ以上趣味を増やすのは疑問ではあるんですが、今までとは全く逆の趣味のため、ちょっとトライしてみたいというのが本音。初期投資もそこまで掛からないし、子供も喜ぶし。何よりガレージに行く頻度が上げられる(笑)

ハードル② : イナバガレージの猛暑

私のガレージは只のイナバガレージのため夏場は優に40度にせまる時さえあり、外気温より暑くなる時すらあります。
これが魚達には中々厳しい模様で、クーラーを導入するとか扇風機で風を当て続けるとかしなくてはいけないらしい。
正直、そこまでして魚を飼育したいかというと「う~ん」となります。

最悪、魚が居なくても水草だけでもオブジェ的になるじゃん。というスタンスで始めたいなぁ
もしくはシーズン毎に魚入れ替えとか。

って、考えていくと生きてなくても良いんじゃないとなってきます。
例えば、人工クラゲとか。

maxresdefault.jpg

でも、何かどんよりしそう(笑)
やっぱりイメージは緑の生えた水槽を泳ぐネオンテトラだな!

まぁ気長に考えます。
気付いたらガンプラのオブジェになってたりする可能性も大(笑)


            

天竜川モトクロス 18/02/16









自分のための備忘録記事です。
その内、GoPro動画とかもやってみたいなぁ


            

フロントフォーク分解

トリッカー フロントフォーク分解

ケチな私は出来るだけ使える物は再利用したいという目的で、純正部品発注の前にフロントフォークを分解しました。

簡単な作業手順は下記。

①車両にフロントフォークがついた状態でトップキャップとアンダーボルトを緩めておく
②フロントフォークを車両から外す
③トップキャップとアンダーボルトを外してオイル排出
④ダストシールを外す
⑤クリップ外す
⑥インナーチューブをオイルシール毎アウターチューブから引き抜く

トリッカー フロントフォーク分解

で、ビックリしたのがアンダーボルトのガスケットが取り付けられていませんでした!
サービスマニュアルを見ると、フロントフォークの項目にオイルが付いていたため、一度はOHしたのかなぁと思いつつ、この有様です…

トリッカー フロントフォーク分解

とりあえず、下写真のようにスライドメタルやワッシャは再利用できそうなので、オイルシール、ダストシール、ガスケットを発注することにします(詳細は前記事参照)。

IMG-0167.jpg

オイルシールの状態としては、リップ部に切れ等は無いものの手で分かるレベルのダストが沢山付いていました。
また、クリップを嵌める部分には固まったリチウムグリスも沢山だったのでキレイに清掃。

ここら辺がオイル漏れの原因だと信じたい(そうじゃないとインナーチューブのせいということになってしまうため)。


前の頁 目次 次の頁


            

中古フロントブレーキ一式入手

トリッカー 中古フロントブレーキ一式入手

ヤフオクでトリッカーの中古フロントブレーキ一式を入手しました(送料込みで5000円くらい)。
確認したのは下記の2点。

・逆ネジアダプター付いてる=ミラー取り付けボス生きてる
600x450-2017072700034.jpg

・パッドはデイトナのハイパーシンタード付いてる
600x450-2017072700040.jpg

しかもレバーがRALLYになっているというおまけ付き。
とりあえず実働だったとのことなので、ずぼらな私はこのままグリスアップだけして取り付けちゃいます。

どうせやるなら、フロンとフォークのOHと一緒にやりたいので、早く純正部品頼まなくては…


前の頁 目次 次の頁


            

フロントフォークOH準備

フロントフォークOH準備

やはりトリッカーのフロントフォークのオイル漏れはオイルシールの清掃でお茶を濁せるレベルでは無かったため、オーバーホールしようと思います。
(上写真はとりあえずフロントフェンダーを外されたダートラ仕様みたいなトリッカー)

という訳で、まずは純正部品調査。

tricker_ff_1.jpg

オイルシール : 5JX-23145-00 : 896円
ダストシール : 5JX-23144-00 : 1015円
アウタースライドメタル : 5JX-23125-00 : 756円
インナースライドメタル : 5JX-23171-00 : 896円
ワッシャ : 5K5-23149-00 : 400円
Oリング : 240-23114-00 : 313円
ガスケット : 1N1-23158-00 : 162円

合計 : 4438円×2 : 8876円

品番に5JXが多いので、気になってモデルを調べてみたら日本では売っていなかったドラッグスター125のようです。
(ちなみにフロントフォーク径φ35の上記部品はセロー250やドラッグスター250も共用)。

41E0JxyL8aL__AC_US160_.jpg419UF8gVjIL__AC_US160_.jpg

使用するオイルはヤマハサスペンションオイルG15を片方300ml。
アマゾンだと上記オイルの1L缶がヤマルーブ品2220円なのに対して、旧ヤマハ品1650円でした。

つまり、フロントフォークのオーバーホールには部品代だけで1万円以上掛かります。
こうやって色々なお金を積み上げていくと、本当にオートバイってお金が掛かる趣味ですね。

とりあえず、OH作業の前にガレージへの万力採用を検討しよう(前回のYZ250FX時には無くて大変だったので)。

IMG-0156_R.jpg

上写真はガレージ保管にも関わらず、エンジン始動時にサイレンサーの水抜き穴から噴出す水。
日中の気温差で内部に結露してるんでしょうか…?

こうやって見ると、タンデムフートレストを外したせいで、サイレンサー根元の錆も目立つなぁ(いつか社外品の軽いサイレンサーに交換したい…)。

そういえば、今日も冷間始動には相当手こずりました。
やはりチョーク系の対策部品の採用とキャブレターの再オーバーホールも実施する事にします。

こう考えると、まだまだ林道ツーリングへの道は遠いですね…
(とか言いつつFFオイル漏れが直ったら、散歩レベルで行っちゃいそうですが)

----- 備忘録 -----

キャブレター廻り(チョーク対策部品、キャブ再OH)
フロントブレーキ廻り(ミラー取付けボス、パッド)
フロントフォークオイル漏れ
ステアリング廻りグリスアップ
エキゾースト廻り(エキパイ錆、社外サイレンサーへの換装)
リア廻り(リアクッションスプリング/ロッドの錆、リアアーム清掃、リンクグリスアップ)
前後タイヤ交換


前の頁 目次 次の頁


            

小笠山トレイルライド

MTB 小笠山トレイルライド

MTBを山仕様にしたので、小笠山トレイルライドに行ってきました。
全工程を通して登り坂が多く、訛った自分の脚力では半分以上押しで相当に堪えました。

全工程のGPSログは下記↓(途中飛んでしまったところも有るため距離は不正確かも?)

IMG-0106.jpg

まず小笠山の西にある駐車場のある公園(上図緑丸部)からスタート。
ここから小笠山山頂付近までは基本的に公道を登っていきます(この時点で既に少し後悔している)。

ヒーヒー言いながら、やっとトレイルの入口に到着。

MTB 小笠山

半分くらいはこんな感じの気持ちの良いシングルトレイルなのですが、たまに木の根っ子が沢山の下りや崖落ちしそうな場所もあります。

MTB 小笠山

途中で見つけた自然の猛威。

MTB 小笠山

1個目の鉄塔で休憩。

MTB 小笠山

500mlのアクエリアスは丁度飲み切りました。

MTB 小笠山

2月にしては気温も高くて最高のトレイル日和でしたが、やっぱりバイクの方が楽しいというのが正直な感想(というか、登りが楽しくない)。

あとは、本当に久しぶりのMTBだったので、どうやって乗っていたか戸惑い、慣れる間も無いまま終わってしまった感じです。
そういう意味では、阿寺とかのコースに行った方が良かったんだろうけど、良い運動にはなったし久しぶりの山は気持ち良かったです。

とりあえずモトクロスと比較すると、トランポで持ち運びするのも、洗車もスゲー楽なのは最高!

MTB トランポ

MTB 洗車

自転車関係で言えば、最近はBMXが欲しいなぁとか思ってます。
テールウィップ(フロントタイヤの上に乗って車体を回すヤツ)とかを出来るようになりたいです(トラチャリの時のダニエルと同じ感覚)。


前の頁 目次 次の頁


            

ホイールスライダー取外し&その他

トリッカー スライダー取外し&グリスアップ

トリッカーのホイールスライダーを取り外しました。
これにて外観はほとんど納得。毎回ガレージに行く度にうっとり出来ます(笑)

作業自体は凄い簡単。ただ取り外すだけです。

ちなみにアクスルシャフトを外す際のシャフト/ナットの頭サイズは右のシャフトが22mm、左のナットが19mm。
ナット側の19mmは回り止めのためボルト部分が突き出る設計になっているので、スライダー有りの場合は19mmのディープソケットが無いと取外しに苦労します。

しかし、上記の「ほとんど納得」って所がポイントで、下写真のようにスライダーのカラーが残ってしまっています。

・フロント廻り

IMG-0086_R.jpg
IMG-0087_R.jpg

・リア廻り

IMG-0093_R.jpg
IMG-0090_R.jpg

正直、機能的にはほとんど問題は無いんですが気にはなりますよね~
凄い細かい事言えば、轍に引っ掛かる可能性も高くなるし。突起物が出ていて良い事は何も無いです。

ちなみに純正部品の価格は下記。ざっくり合計で4000円くらい。
何やかんやでこのままお茶を濁してしまいそうですが、一応メモです(笑)

・フロント

 ホイールアクスル : 4JG-25181-00 : 2192円
 プレートワッシャ : 90201-15797 : 97円
 ロッキングナット : 95607-14200 : 475円

・リア

 ホイールアクスル : 2K6-25181-10 : 1307円
 プレートワッシャ : 90201-15797 : 140円
 ロッキングナット : 95607-14200 : 227円

ホイールを取り外したついでにホイールベアリングにグリスアップもしておきました(下写真はグリスアップ前)。
グリスはもちろん定番の?MAXIMAの耐水グリス。

IMG-0081_R.jpg

また、フロントブレーキキャリパー廻りもパーツクリーナーで清掃しましたが、今までの経験からブレーキの効きにはほとんど効果無いと思います(多分パッドがダメになっちゃってる)。

IMG-0085_R.jpg

という訳で、まだまだ課題はありますが、とりあえずそこら辺を散歩程度に走れるレベルにはなりました。
あとの課題は、お金と時間と相談ですね。

IMG-0088_R.jpg

という訳で、お金と時間の掛からないカスタムを実施しました。
キーも回しやすくなるし冷たくないんでオススメです。これでスパイダーマンのようにも飛べるかも(笑)

----- 備忘録 -----

フロントブレーキ廻り(ミラー取付けボス、パッド)
フロントフォークオイル漏れ
エキゾースト廻り(エキパイ錆、社外サイレンサーへの換装)
リア廻り(リアクッションスプリング/ロッドの錆、リアアーム清掃、リンクグリスアップ)
前後タイヤ交換
ステアリング廻りグリスアップ


前の頁 目次 次の頁


            

久しぶりの山仕様

KONA STEELY 久しぶりの山仕様

通勤車として使用しているKONAのSTEELYを久しぶりに山仕様に戻しました。
って言っても、タイヤとシートを替えてサイドスタンドの先端を外しただけですが。

という訳で、近いうちに久しぶりに小笠山に行こうと思ってます!

余談ですが、今使ってるMONTYのヘルメットがそろそろ限界なので新しいヘルメット検討中。次は白いヘルメットが欲しいので、候補は下記↓

・PRO-TEC BUCKY(8000円)
 PROTEC BUCKY
・PRO-TEC CLASSIC SKATE(7000円)
PROTEC CLASSIC SKATE
・661 DIRT LID ICON(4000円)

Icon-White.jpg

個人的には赤紐のBUCKYに惹かれてますが、ヘルメットは被ってみないと分からないので、浜北にあるPLAYERに行ってみるかな。


前の頁 目次 次の頁


            

黄色タンクカバー装着

トリッカー 黄色タンクカバー装着

遂に(って言ってもそんなに待ってませんが)、黄色タンクカバーが届いたので取り付けしました。

まず何よりも伝えたいのはやっぱりトリッカーのイエロー超格好良い!

わざわざ写真を取りに散歩に出掛けてしまいましたが、先日実施したオイル交換の効果も体感できて最高でした!

ライダービューはこちら↓

IMG-0067_R.jpg

シート前部のシルバーの部分と黒タンクのつながりが若干イマイチです(純正イエローはシルバータンク)。
シルバータンクを装着するか、FI車にはラインナップがある前部黒のシートとかにしたら完璧ですね(FI車とシート形状が同一かは確認要)。

s-55_l.jpg

ちょうどシートの端部も破れてるんで、やるんだったらオリジナル性を高めるためにシートカバー交換かなぁ
純正新品だと6000円もするんで汎用品のイボイボシートにするのも有りかも?!

トリッカー サイドビュー

クランクケースカバーに付いていたオレンジスライダーは黄色タンクカバーに完全に合わないので、とりあえず外しました(上写真はまだ装着している状態)。
アクスルシャフトのオレンジスライダーも、やっぱり合わないので今後外そうと思います(ホイール外す時に邪魔という理由も大きい)。

トリッカー クランクケースカバー

クランケケースカバーのスライダーは強力な両面テープで付いていたため、外すとこんな状態。
手持ちのスクレーパーでは剥がしにくかったので、散歩がてら近所のホームセンターでニュースクレーパーを購入。

スクレーパー

左から2つがニューアイテム。1番左がカーボンスクレーパー(150円)、真ん中がオルファの幅20mm(350円)、1番右は元々持っていたアストロ品です。

正直カーボンスクレーパーは余り役に立ちませんでした。
これから、シコシコ綺麗にしていこうと思います。

トリッカー フロントフォーク オイル漏れ

ちなみに、オイルシールの掃除をしたフロントフォークですが、やっぱりダメで上写真状態です。

という訳で今後の課題は、フロントブレーキ関係(ミラー取付けボス、パッド)、フロントフォークオイル漏れ、リア廻りですね。
優先度が高いのはフロントブレーキだな。


前の頁 目次 次の頁


            

Appendix

プロフィール

イデシン

下手の横好き、継続は力なり。

ブログランキング

ブログリンク

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ モトクロスへ にほんブログ村 バイクブログ オフロードへにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ

月別アーカイブ